FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"河野氏、6月までの高齢者ワクチン必要量確保 4500万回分" 「日本向け輸出の承認」という最大のネックを単に前提条件化してしまってはただの絵に描いた餅になってしまう。オーストラリアでさえ高々310万回分で揉めているのに、欧州連合(EU)が大量の輸出をする可能性が果たしてあるだろうか!!

 4月9日の産経新聞は,”河野氏、6月までの高齢者ワクチン必要量確保 4500万回分
 河野太郎ワクチン担当相は9日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンに関し、6月の1カ月間で米製薬大手ファイザー製ワクチンが最大約4500万回分、国内に届くとの見通しを示した。5月末までの最大計約6千万回分と合わせて、すでに接種が進んでいる医療従事者約480万人と高齢者3600万人に2回接種する数量が確保できることになる。高齢者に続く基礎疾患のある人への接種分も「一部カバーできる」とした。
 ファイザー製ワクチンをめぐっては、欧州連合(EU)から日本向け輸出の承認を受けることを前提に、5月は最大約4300万回分が到着する予定。河野氏は5月中旬以降、「(自治体から)ほしいといわれた量が出せる体制になる予定だ」と述べ、ワクチンの供給不足は解消されるとの認識を示した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「ファイザー製ワクチンをめぐっては、欧州連合(EU)から日本向け輸出の承認を受けることを前提に、5月は最大約4300万回分が到着する予定。」とあるが、「日本向け輸出の承認」という最大のネックを単にそのような「前提」条件化してしまってはただの絵に描いた餅になってしまう。
 むしろそれを得ることこそが「河野太郎ワクチン担当相」の仕事だと言っても過言ではない。
 現実の状況は次の報道のとおりである。

 4月8日の毎日新聞は,”EU、ワクチン接種目標を大幅に下回る アストラゼネカ供給不足で
国際
 欧州連合(EU)で3月末までに新型コロナウイルスのワクチンを接種した人の割合が当初の目標を大幅に下回っていたことが、欧州疾病予防管理センター(ECDC)の統計で明らかになった。この時期までに80歳以上の8割への接種などを目指していたが、1回目の接種率は6割にとどまり、目標値を上回った加盟国は27カ国中5カ国にとどまった。
 主な原因は英製薬大手アストラゼネカ社製ワクチンの供給不足だ。同社は1月下旬、「生産上の問題」などを理由にEUに供給削減を通知。欧州メディアによると、3月末までにEUに1億回分以上を提供する予定だったが、出荷は約3000万回分にとどまった。
”と報道した(リンクはこちら)。


 生産国側である「欧州連合(EU)」がワクチン不足で「ワクチンを接種した人の割合が当初の目標を大幅に下回っ」たと言っているのに、今後ワクチン輸出を増やすなどということが果たしてあり得るだろうか。
 また次のような報道もある。

 4月7日の朝日新聞は,”EU、出荷阻止していないなら契約分のワクチン出荷を=豪首相
 オーストラリアのモリソン首相は7日、欧州連合(EU)に対し、同国への新型コロナウイルスワクチンの出荷を阻止していないのであれば、到着が遅れている英アストラゼネカ製ワクチン310万回分を直ちに出荷するよう要請する考えを示した。
 あるオーストラリア政府筋は先にロイターに対し、EUが310万回分のワクチン出荷を阻止したと明らかにしていたが、EUは6日、オーストラリアへのワクチン出荷は阻止していないと説明。EU当局者は、アストラゼネカが他国へのワクチン供給契約を履行できていないことの責任はEUにはない述べた。
 オーストラリアには3月末までに310万回分のアストラゼネカ製コロナワクチンが到着予定だった。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「欧州連合(EU)」から毎年、多数の移民が行っている「オーストラリア」でさえ高々「310万回分」で揉めているのに、「欧州連合(EU)」が日本に「河野太郎ワクチン担当相」が言うような大量の輸出をする可能性が果たしてあるだろうか。

 とにかくこの問題は日本が技術先進国を自認するなら、輸入に頼らず自国で生産するしかないのである。
  1. 2021/04/10(土) 00:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"大阪府 新型コロナ 新たに918人感染確認 過去最多" 大阪府の「マスク会食」にせよ兵庫県の「うちわ会食」にせよ、なぜ相変わらず「会食」を許しているのだろうか。これまでと同じような生ぬるい対策をいくらやっても同じ事を繰り返すだけ!! | ホーム | "尖閣に公務員常駐の勉強会、自民有志が20日に初会合 議連への改組も" ネックは常駐スペース。魚釣島はほとんど平地がないが、南小島は若干の確保が可能。しかし問題は魚釣島を放棄して南小島に常駐しても何か意味はあるかということ!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4559-498563bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)