FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"東京五輪、海外は感染対策やワクチン接種を不安視" これは当然だが、ワクチンは世界中で現物が足りないのだから、とにかく「検査と隔離」を徹底するしかない。現在、国内全体の我が国のPCR検査件数は1日平均で5万件弱だから「毎日検査をする」が可能だとは思えないが、とにかく死にもの狂いでやるしかない!!

 4月14日の産経新聞は,”東京五輪、海外は感染対策やワクチン接種を不安視
 新型コロナウイルスの影響で延期された東京五輪・パラリンピックの開幕まで14日で100日。海外では、五輪期間中の感染対策やワクチン接種への不安の声が上がっている。
 ワクチン接種についても全ての出場選手が完全な形で受けられる保証はない。
 選手村では約6万人が交流するとみられており、米外交誌ディプロマット(電子版)は3日、東京五輪そのものが「感染急増地(ホットスポット)になる恐れがある」と指摘した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「海外では、五輪期間中の感染対策やワクチン接種への不安の声が上がっている。」とあるのは当然であるが、とにかく五輪開催は我が国の義務だから死にもの狂いでやるしかない。 
 ただ「ワクチン接種についても全ての出場選手が完全な形で受けられる保証はない。」は世界中で現物がたりないのだから、今更言ってもしょうがない。
 したがってとにかく「検査と隔離」を徹底するしかない。
 これについては政府は次のように言っている。

 4月14日の産経新聞は,”五輪相「毎日検査へ準備」 大会時のコロナ対策
 丸川珠代五輪相は14日、東京五輪・パラリンピックに参加する選手への新型コロナウイルス検査について「毎日検査をする準備をしている。検査精度も担保する」と明らかにした。衆院文部科学委員会で立憲民主党の寺田学氏の質問に答えた。
”と報道した(リンクはこちら)。 
 

 「丸川珠代五輪相は14日、東京五輪・パラリンピックに参加する選手への新型コロナウイルス検査について「毎日検査をする準備をしている。検査精度も担保する」と明らかにした。」とあるが、本当にこんなことが可能なのだろうか。
 現実的に国内全体の先週1週間の我が国のPCR検査件数は1日平均で下記のとおりである(リンクはこちら)。
  (4/5(月)56,078+4/6(火)57,418+ 4/7(水)56,820+4/8(木)54,877+4/9(金)49,641+4/10(土)39,066+4/11(日)16,962)÷7=330,592/7=47,227件
 「選手村では約6万人が交流するとみられており」とあるにも関わらず、国内全体でこれでは、「毎日検査をする準備をしている。」が可能だとはどうしても思えない。
 また逆に言えばもしそれが本当に可能なら、なぜもっとさっさとそのレベルに向けての体制整備をしないのだろうか。

 自民党政権のグダグダ振りを見ていると、どうしても五輪開催が可能だとは思えないのだが、国の名誉をかけてとにかく死にもの狂いでやるしかない。
  1. 2021/04/15(木) 03:37:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"迫る大会、医療態勢「調整中」 ボランティア確保も流動的―東京五輪100日前" 観客上限について「50%なら万全な対策がとれる」という橋本組織委会長の自信が一体どこから出てくるのかさっぱり分からない。現状を的確に認識できないようでは無能と言わざるを得ない!! | ホーム | "必要な措置は軍艦等が有する免除を侵害しない範囲で行わなければなりません。" このような間違った解釈は明らかに意図的なもの。自民党政治家がこのような役人の恣意的な解釈を放置しているのはその無能さと無責任さの故!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4564-2f875519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)