FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"韓国大統領、処理水放出で国際裁判所への提訴「積極検討」" 我が国としては受けて立つことにやぶさかではないが、その際には竹島問題における韓国側の国際司法裁提訴受諾を条件にすべき。おそらく今回も韓国は口だけ番長に終わるだろう!!

 4月14日の産経新聞は,”韓国大統領、処理水放出で国際裁判所への提訴「積極検討」
 日本政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を正式に決めたことに関し、韓国の文在寅大統領は14日、決定の撤回を求め、国際海洋法裁判所(ドイツ・ハンブルク)に提訴することを「積極的に検討」するよう担当部署に指示した。大統領府が発表した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「日本政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を正式に決めたことに関し、韓国の文在寅大統領は14日、決定の撤回を求め、国際海洋法裁判所(ドイツ・ハンブルク)に提訴することを「積極的に検討」するよう担当部署に指示した。」とあることについては我が国としては受けて立つことにやぶさかではないが、その際には竹島問題における韓国側の国際司法裁判所提訴受諾を条件にすべきである。
 まず「東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出」については次のとおりである。

 4月13日の産経新聞は,”政府が反論「中韓含め世界中で放出している」 処理水放出めぐり国際世論戦
 政府が13日に決めた東京電力福島第1原発の放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出に関し、中国や韓国は懸念を表明してきた。政府がこのまま海洋放出に踏み切らなければ、中韓の指摘が事実としてまかり通る恐れもあっただけに、政府は国際原子力機関(IAEA)のお墨付きも得て国際世論に安全性をアピールする考えだ。
 梶山弘志経済産業相は3月23日にIAEAのグロッシ事務局長とテレビ電話で会談。「科学的知見を基に処理水の実態と安全性を国内外に発信してもらいたい」と要請し、グロッシ氏の全面協力を取り付けていた。
 こうした「根回し」もあり、13日にはIAEAや米政府から日本政府の決断を支持するメッセージが相次いだ。菅義偉首相は記者団に対し、処理水のトリチウム濃度を国の基準の40分の1未満まで薄めると説明したうえで「IAEAにも、ここは評価してもらっている」と胸を張った。
”と報道した(リンクはこちら)。 


 「こうした「根回し」もあり、13日にはIAEAや米政府から日本政府の決断を支持するメッセージが相次いだ。」とあるから我が国は「IAEA」の指示の下で適切に処理すれば何も問題はないだろう。
 また竹島問題については内閣官房のHPに次のとおりある(リンクはこちら)。

竹島については、日本は1954年9月、1962年3月、2012年8月の3回にわたり韓国に対して、領有権問題のICJへの付託を提案したが、韓国はこれを拒否した。

 「2012年8月」と言えば民主党政権時代だから、これ以後自民党政権は何をしていたのかと思うがそれはさておき、おそらく今回も韓国は口だけ番長に終わるだろう。
 それはそれでやむを得ないのであり、我が国は国民の教育のためにしっかりと行動すべきである。
  1. 2021/04/17(土) 00:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"入院率は大阪、兵庫、宮城でステージ4 新型コロナ新指標、多数が自宅療養か" 「多数が自宅療養か」は我が意を得たり。感染者が出歩いて感染を拡大させているということ。あの大阪府民を相手にしているのだから、しょうがない!! | ホーム | "迫る大会、医療態勢「調整中」 ボランティア確保も流動的―東京五輪100日前" 観客上限について「50%なら万全な対策がとれる」という橋本組織委会長の自信が一体どこから出てくるのかさっぱり分からない。現状を的確に認識できないようでは無能と言わざるを得ない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4566-b693f0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)