FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"「医療先進国」のはずの日本、なぜ遅れる国産ワクチン開発…技術育てず「蓄積」なし" 別に間違いではないが国産ワクチン開発の遅れの具体的原因である治験の遅れについては何も答えていない。我が国の場合、治験が企業任せであり国の主体的取り組みがないこと!!

 4月18日の読売新聞は,”「医療先進国」のはずの日本、なぜ遅れる国産ワクチン開発…技術育てず「蓄積」なし
 新型コロナウイルスの感染拡大が第4波の様相を呈し、医療者以外のワクチン接種も遅々として進まない中、こんな疑問を抱く人は少なくないだろう。「医療先進国のはずの日本で、なぜ国産ワクチンの開発が遅れているのか」。欧米など海外の開発に大きく後れをとった背景と課題を検証し、わが国がこれから取り組むべき方策を考えてみたい。
 昨年5月、政府はワクチンの研究開発や生産体制整備に約2000億円の補正予算を組んだ。一方、米国は同月、1兆円以上を計上した。予算規模の差が影響した面はあるにしても、では、日本でも1兆円の支援があれば開発できたかというと、答えはノーだろう。平時の研究開発の「蓄積」の差が大き過ぎるからだ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「平時の研究開発の「蓄積」の差が大き過ぎるからだ。」とあるのは別に間違いではないが、国産ワクチン開発の遅れの具体的原因である治験の遅れについては何も答えていない。
 これにある程度答えているのが次の報道である。

 4月12日の日刊スポーツは,”国産ワクチンの現状 国内感染者少なく治験進まず世界から周回遅れ
 新型コロナのワクチンはこれまで米国、英国、中国、ロシア、インドが開発に成功しています。日本は5社が開発中ですが、治験(臨床試験)の第1相、第2相段階。昨年6月、治験を開始し、最も先行しているアンジェスは特例承認を受けて今春の実用化を目指していましたが、審査を行う医薬品医療機器総合機構(PMDA=パンダ)から大規模な第3相試験を求められ、足踏みしています。
 ファイザーは世界6カ国で4万人規模の治験を行いました。海外に比べ感染者が少ない日本(人口10万人当たりの感染者は米国9298人、日本385人=約24分の1)では数万人の参加者を集めて、ワクチンと偽薬を接種しても発症者数、重症者数の差などワクチンの効果は確かめにくく、数十万人の参加者が必要になるとされます。PMDAは「海外での治験も選択肢のひとつ」としていますが、すでに有効なワクチンがある中、未承認のワクチンと偽薬を投与すること自体、是非が問われます。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「ファイザーは世界6カ国で4万人規模の治験を行いました。海外に比べ感染者が少ない日本(人口10万人当たりの感染者は米国9298人、日本385人=約24分の1)では数万人の参加者を集めて、ワクチンと偽薬を接種しても発症者数、重症者数の差などワクチンの効果は確かめにくく、数十万人の参加者が必要になるとされます。」という理屈が正しいなら、そのようにやればよいのではないか。
 それをやれない理由として、「すでに有効なワクチンがある中、未承認のワクチンと偽薬を投与すること自体、是非が問われます」とあるが、すでに「有効なワクチン」があってもそれが入ってこないのだから、それは理由にならない。

 またそもそも「数十万人の参加者が必要になる」という必要性は必ずしもないのではないか。
 とにかく危惧されるのは有効性ではなく副反応だからであり、それさえ確かめられればとりあえず使用には問題がないからである。
 したがって我が国が「4万人規模」の「ファイザー」製を承認したことからすれば、国産ワクチンについても同程度で十分である。

 しかし我が国の場合、それさえできないのは治験が企業任せであり、国の主体的取り組みがないことである。
 そしてそのことの原因はそれがいわば非常手段であるにも関わらず自民党政権が役人任せにしていることである。
  1. 2021/04/21(水) 03:51:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"五輪観客上限、6月までに判断 コロナ拡大で先送り" こんなにのんびりしていて本当に大丈夫なのか。逆に言えば観客については全くコロナ対応をしないつもりなのか。しかしそれでは海外との対応の差がひどすぎる!! | ホーム | 菅首相“9月までに必要なワクチン 追加供給受けるめど立った” 意味が分からない。我が国にワクチンが入ってこないのは米国やEUの当局が域外輸出規制を引いているから。もしそれらとの話合いなしにこんな発表をしたとしたらすぐに政治責任を問われるような事態になると思うが、とにかく状況の推移を見守りたい!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4570-1f59caab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)