FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

政府参考人"国際法上、一般に軍艦及び公船は執行管轄権からの免除を有しており" このような解釈は明らかに間違い。非無害通航の防止は海洋法条約32条の例外。自民党政治家がこのような役人の恣意的な解釈を放置しているのはその無能さと無責任さの故!!

 去る4月6日の衆議院安全保障委員会で次のような質疑があった(リンクはこちら)。

○篠原(豪)委員 まず、ちょっと法的にお伺いしたいので御質問させていただくんですが、中国海警法が国際法に違反しているというふうに主張があります。これは、まず政府も同じ意見かどうかということです。仮に同じ意見であれば、海洋に関しては、慣習法も含めて、国際法の法源というのはいっぱいあるんですよ。その中で、海警法のどの規定が国際法に明確に違反をしていると考えているのか、教えていただければと思います。その際の国際法の法源はどれを示すのか、法文も分かれば教えていただければと思います。

○岡野政府参考人 例えば、海警法第二十一条ということでございますけれども、中国の管轄海域における外国軍艦、公船による中国の法令違反行為に対して法執行業務を行う旨規定し、また、外国軍艦、公船に対して、強制退去、強制引渡し等の措置を講じる権利を有する旨規定しています。これは、国際法上、一般に軍艦及び公船は執行管轄権からの免除を有しており、海警法が、軍艦、公船が許容する免除を侵害する形で運用する場合、国際法に違反することになります。
 法源の話がございました。多くは国連海洋法条約に規定されている条文に違反するものでございます。例えば、今申し上げた点は、国連海洋法条約三十二条、軍艦の免除についての規定がございます。これは、慣習国際法を受けて、その内容を確認的に規定したものでございます。



 「これは、国際法上、一般に軍艦及び公船は執行管轄権からの免除を有しており、海警法が、軍艦、公船が許容する免除を侵害する形で運用する場合、国際法に違反することになります。」とあるが、このような解釈は明らかに間違いである。
 というのは「国連海洋法条約」は次のように規定しているからである(リンクはこちら)。

第三節 領海における無害通航
A すべての船舶に適用される規則
第二十五条 沿岸国の保護権
1 沿岸国は、無害でない通航を防止するため、自国の領海内において必要な措置をとることができる。

B 商船及び商業的目的のために運航する政府船舶に適用される規則

C 軍艦及び非商業的目的のために運航するその他の政府船舶に適用される規則
第三十二条 軍艦及び非商業的目的のために運航するその他の政府船舶に与えられる免除
  この節のA及び前二条の規定による例外を除くほか、この条約のいかなる規定も、軍艦及び非商業的目的のために運航するその他の政府船舶に与えられる免除に影響を及ぼすものではない。



 「国連海洋法条約三十二条、軍艦の免除」については32条で「この節のA及び前二条の規定」という例外が定められている。
 そして「この節のA」の中の25条においては「沿岸国は、無害でない通航を防止するため、自国の領海内において必要な措置をとることができる。」と定められている。
 要するに非無害通航の防止は海洋法条約32条の例外だということである。
 また「外国軍艦、公船に対して、強制退去、強制引渡し等の措置を講じる権利」、つまり公船の拿捕はこの「必要な措置」に含まれると解される。
 したがってこのような措置を行っても別段、「国際法に違反する」ということにはならないのである。

 このような間違った解釈は明らかに「必要な措置」を行いたくないという思いから生じた意図的なものである。
 このような怠慢は絶対に許してはならないものであって、自民党政治家がこのような役人の恣意的な解釈を放置しているのはその無能さと無責任さの故である。
  1. 2021/05/04(火) 02:26:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"五輪組織委 看護師500人に続きスポーツドクター“無償”200人募集、批判相次ぐ" 今時こんなことで人が集まる訳がない。無償で人を働かせようとする発想が常軌を逸している。とにもかくにも必要なのは資金。組織委の橋本会長としては政府に頭を下げて出してもらうしかない!! | ホーム | "橋下氏 東京五輪「ステージ3、4でやるんですか。大問題」自民幹部に迫る" もし自民党がこんな発想で五輪を強行するなら、何か感染に悪影響があればもちろん、何もなくてもその後の衆院選で大敗する可能性が高い!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4583-3324b6a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)