FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"入管法改正断念、衆院選と都議選への影響懸念 自民内から不満も" さっぱり意味が分からない。反対なら野党は選挙で勝って元に戻せばいいだけのことであり、とにかく与党はやるべきことを実行すべきだから。即刻、総辞職することが政治家としての矜持!!

 5月18日の産経新聞は,”入管法改正断念、衆院選と都議選への影響懸念 自民内から不満も
 政府与党が18日、外国人の収容や送還のルールを見直す入管難民法改正案の今国会成立を断念したのは、野党が対決姿勢を強める中で採決に踏み切れば、会期末にかけての国会運営だけでなく、近づく東京都議選や次期衆院選にも影響が出かねないためだ。ただ、野党の思惑通りの展開となったことで、政権の「実行力」には疑問符が付き、自民党内では不満もくすぶる。
 「(入管施設収容中だったスリランカ人女性の死亡事案について)真相を究明しなければならない。今国会でこれ以上審議を進めないことも一つの選択肢だ」
 自民の森山裕国対委員長は18日、改正案の採決を見送る理由をこう説明した。女性の施設内での様子を撮影した映像開示を求める野党との対立激化は、他の法案審議にも影響を及ぼす。衆院での採決が国民に「強行」と映れば、参院での審議で野党側が抵抗の度合いを強めることも目に見えている。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「政府与党が18日、外国人の収容や送還のルールを見直す入管難民法改正案の今国会成立を断念したのは、野党が対決姿勢を強める中で採決に踏み切れば、会期末にかけての国会運営だけでなく、近づく東京都議選や次期衆院選にも影響が出かねないためだ。」とあるが、なぜ「野党が対決姿勢を強める」からとして法案成立を断念するのかさっぱり意味が分からない。
 政治なのだから100%の賛成はあり得ない。
 反対なら野党は選挙で勝って元に戻せばいいだけのことであり、とにかく与党はやるべきことを実行すべきだからである。

 たかだか「入管難民法改正案」程度だからいいが、これがもし安全保障に関わることの場合、「自民党」はどう判断するのだろうか。
 安全保障に関わることの場合、野党がより強く抵抗することは眼に見えている。 
 「ただ、野党の思惑通りの展開となったことで、政権の「実行力」には疑問符が付き」とあるのはまさにそのとおりである。

 とにかくこんなグダグダ政権では我が国の国益は守れない。
 即刻、総辞職することが政治家としての矜持である。
  1. 2021/05/19(水) 03:48:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"五輪会場入りする医療関係者「毎日検査」…選手の移動限定・外部と隔離" 五輪相が率先して口にすべきことではない。組織委と開催都市東京都が協議して決定すべきことだから。問題は現実にその人手をどうやって確保するか。財政的スキームを直ちに練り直すべき!! | ホーム | "30分で簡単に判定、抗原検査キットを配布…病院や高齢者施設対象に最大800万回分" やることが1年遅いが取りあえずは朗報。しかし「症状が出たら」は理解できない。 発症が判明した時点ではすでに高齢者にうつしまくった後だから!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4598-3cafb025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)