FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"政府調達のアストラゼネカ製ワクチン 途上国に提供する案が浮上" 倫理的におかしいので妥当な案とは思えない。素人考えでは健康な若者に打てば大丈夫だと考えるが、厚生労働省の報告には逆の記載もあり、よく研究してもらいたいところ!!

 5月22日の毎日新聞は,”政府調達のアストラゼネカ製ワクチン 途上国に提供する案が浮上
 英製薬大手アストラゼネカが開発した新型コロナウイルス感染症のワクチンを巡り、調達契約を結んだ一部について、途上国などに提供する国際枠組み「COVAX」(コバックス)を通じて他国に提供する案が政府内で浮上している。同社を含む米英3社との契約で国内での必要量を超えるワクチンを確保したが、うちアストラゼネカ社製の活用策が定まっていないことが背景にある。提供は国際貢献になる一方、健康被害が生じた時の責任の所在など課題もある。
 厚生労働省は21日、アストラゼネカ社製と米モデルナ社製のワクチンを薬事承認。米ファイザー社製と合わせて国内では3種類が承認されたが、アストラゼネカ社製は欧州でごくまれな副反応として血栓症が報告されたことから、当面は使用せず、対象年齢や使い方を引き続き議論する。
 血栓症の発症は100万人に数例とごくまれなことから、WHOは接種の利点がリスクを上回るとして接種を引き続き推奨している。ただ、国内で未使用のまま海外への提供を進めることには「懸念があるから外に出している、と批判されかねない」(別の政府関係者)との声もあり、国内での活用の道も引き続き探る方向だ。
”と報道した(リンクはこちら)。


英製薬大手アストラゼネカが開発した新型コロナウイルス感染症のワクチンを巡り、調達契約を結んだ一部について、途上国などに提供する国際枠組み「COVAX」(コバックス)を通じて他国に提供する案が政府内で浮上している。」とあるが、妥当な案とは思えない。
 「ただ、国内で未使用のまま海外への提供を進めることには「懸念があるから外に出している、と批判されかねない」(別の政府関係者)との声もあり」とあるのは当然であり、やっていることが倫理的におかしい。

 それよりも「対象年齢や使い方を引き続き議論する」とあるように「血栓症」が起きにくい「年齢層」というのはないのだろうか。
 素人考えでは元々「血栓症」が起こりやすい高齢者に打つからそんなことになるので、健康な若者に打てば大丈夫だと考えるのであるが、そんなことはないのだろうか。
 これについては厚生労働省の報告には次のとおりある(リンクはこちら)。

【血栓】
・EMAは4月23日に感染状況(感染割合が高:人口10万人当たり886人、中:401人、低:55人)ごとのアストラゼネカ社ワクチンの入院、ICU入室、死亡に関して10万人当たりの症例数でベネフィットとリスク(まれな血小板減少を伴う血栓症発生)に関する分析を公表。
※EU全体での統一されたデータの欠如、副作用の報告の遅れの可能性、報告されていない副作用の可能性、および観察研究からの限られたデータに起因する見積もりであることに留意が必要。 https://www.ema.europa.eu/en/news/astrazenecas-covid-19-vaccine-benefits-risks-context
注 下図の赤破線は、これより低い年齢層ではリスクがベネフィットを上回るラインで、厚生労働省健康局健康課予防接種室が付したもの。



 「注 下図の赤破線は、これより低い年齢層ではリスクがベネフィットを上回るラインで、厚生労働省健康局健康課予防接種室が付したもの。」とあるから、むしろ「低い年齢層」の方が危険だということである。
 ワクチンの副反応は若年層の方が起きやすいと言うものの、果たして「血栓症」もそうなのかよく研究してもらいたいところである。
  1. 2021/05/23(日) 05:35:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"東京都の無症状者PCR、7月から7割増の1日1200件に" 人口1,396万人の東京都で1日当たり「1200件」という根拠がさっぱり分からない。こんなやり方しかやっていないのは、いかに小池都知事の感染収束に向けての取り組みがいい加減かをよく示している!! | ホーム | "五輪パラ関係者検査、自身で採取 来日は7万8千人程度" 五輪・パラ開催の可否は必要十分な検査を行えるかどうかにかかっているからこの報道は重要。検査の種類は「抗原定量検査」か。問題は回収の人手を確保できるか。必要なコストは負担してしっかりした人材を付けるべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4602-97e078fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)