FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"自治体93%が「7月末接種完了」、65歳以上のワクチン" 果たしてこんな高い数字が現実に可能か。市町村数よりも人口換算の数字の方が高いことはどう考えても論理的にあり得ないだろう。現実に広島市の完了は10月初旬の予定!!

 5月21日の日経新聞は,”自治体93%が「7月末接種完了」、65歳以上のワクチン
 政府は21日、65歳以上の高齢者への新型コロナウイルスのワクチン接種に関する調査を公表した。全国1741市区町村に聞いたところ「7月末までに終了する」と答えたのは1616で92.8%になった。12日時点の調査では85.6%だった。
 個別の自治体名は公表していない。回答を人口換算でみると65歳以上の93.2%が7月末に接種を終える見通しになる。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「全国1741市区町村に聞いたところ「7月末までに終了する」と答えたのは1616で92.8%になった。」とあるが、果たしてこんな高い数字が現実に可能だろうか。
 そしてもっとおかしいのは「回答を人口換算でみると65歳以上の93.2%が7月末に接種を終える見通しになる。」という内容である。
 先の数字は市町村数であるが、それよりも「人口換算」の数字の方が高いということは平均して人口規模の大きい市町村の方が早く終わるということである。
 そんなことはどう考えても論理的にあり得ないだろう。
 現実の状況は次のとおりである。
 
 5月19日の広島 NEWS WEBは,”広島市 新たに5万6000人分のワクチン到着
 広島市で19日、新たに5万6000人分にあたる新型コロナウイルスのワクチンが市内5か所に到着し、市は、来月下旬までに80歳以上の高齢者や高齢者施設に入居している人などへの接種を終えたいとしています。
 これで広島市には、これまでに届いたものとあわせて6万8000人分のワクチンが到着しました。
 来月からは、75歳以上80歳未満の人を対象に接種の予約を始める予定で、市内に住む65歳以上の高齢者およそ30万人すべてへの接種は、ことし10月初旬までに終えたいとしています。
”と報道した(リンクはこちら)。
 

 「市内に住む65歳以上の高齢者およそ30万人すべてへの接種は、ことし10月初旬までに終えたいとしています」とあるのは7月末とはえらい違いで、一地方都市である「広島市」がこれでは首都圏の大都市など全滅だろう。
 それにしても「およそ30万人」に対して「6万8000人分」とは23%に過ぎない。
 6、7月にもかなり届くだろうが、それでも6,7割と言ったところだろう。
 果たして菅首相は供給状況の現実を認識しているのだろうか。
  1. 2021/05/25(火) 00:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"五輪「無観客回避」強まる 一定数容認も、6月判断" なぜまだこんなことを言っているのかさっぱり分からない。東京都の感染者増加には国内の人流が増える影響の方が圧倒的に大きいという検証結果があるのだから直ちに無観客を決定すべき!! | ホーム | "東京都の無症状者PCR、7月から7割増の1日1200件に" 人口1,396万人の東京都で1日当たり「1200件」という根拠がさっぱり分からない。こんなやり方しかやっていないのは、いかに小池都知事の感染収束に向けての取り組みがいい加減かをよく示している!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4604-0ac9195d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)