FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"ステージ4なら五輪開催「困難」 分科会有志、検討も" 新規感染者数よりも陽性率の方が指標として合理的であるが、東京都の現状は5.4%。これはどう考えても高過ぎるのであり、最低限3%程度まで下がらない限りは五輪開催の資格はない!!

 6月1日の朝日新聞は,”ステージ4なら五輪開催「困難」 分科会有志、検討も
 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の専門家の間で、東京五輪・パラリンピックについて、東京都内の感染状況が「ステージ4(感染爆発)」相当の状態が続けば、開催は困難との意見が相次いでいる。意見は、五輪開催のリスク評価をまとめた上で、分科会の有志による見解として公表することも検討している。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の専門家の間で、東京五輪・パラリンピックについて、東京都内の感染状況が「ステージ4(感染爆発)」相当の状態が続けば、開催は困難との意見が相次いでいる。」とあるが、具体的にこの判断材料はどうなのか。
 このことについては次のような報道がある。

 5月27日の朝日新聞は,”緊急事態宣言、解除の目安は?新規感染を基準に考えると
 東京や大阪など10都道府県に出ている新型コロナ対応の緊急事態宣言は、どうなれば解除されるのか。目安の一つとして、「新規感染者数」が東京で1日500人未満、大阪なら300人未満になることだ、と言われることがある。この目安に照らすと、現在、10都道府県はどんな段階にあるのか。解除はもちろん、病床使用率なども含めた総合判断になるが、身近な1日の感染者数で考えてみたい。
 政府の分科会は感染状況を四つのステージに分類しており、複数の指標に基づきステージを判断する。指標の一つが、人口10万人あたりの1週間の新規感染者の合計だ。これが25人を下回れば、感染が最も深刻なステージ4(感染爆発)からステージ3(感染急増)相当に下がる。これを1日あたりに換算すると、各都道府県の「解除の目安」がわかりやすい。
 東京(人口約1392万人)にあてはめると、新規感染者は週合計で約3480人となり、1日平均約497人(約500人)。大阪(同約881万)人だと週合計約2202人で1日平均315人(約300人)となる。
 この目安と、25日までの直近1週間平均を比べると、差が最も大きいのは沖縄の3・7倍、次いで北海道の3・1倍。東京と大阪は1・2倍前後と「ステージ4」を脱する目安に近づいている。京都と兵庫は下回ってステージ3の段階だ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「この目安と、25日までの直近1週間平均を比べると、差が最も大きいのは沖縄の3・7倍、次いで北海道の3・1倍。東京と大阪は1・2倍前後と「ステージ4」を脱する目安に近づいている。」とあるから、もう少しのところまで来ているということである。
 ただ 「新規感染者」についてはとにかく検査を絞れさえすれば下がるのだから、東京都のように検査に熱心でない自治体の場合、余り適切な指標だとは言えないだろう。

 それよりも「陽性率」の方が指標として合理的であるが、東京都の現状は「5.4 %」である(リンクはこちら)。
 これはどう考えても高過ぎるのであり、最低限3%程度まで下がらない限りは五輪開催の資格はないと言わなければならない。
  1. 2021/06/02(水) 04:13:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"コロナワクチン開発、周回遅れの国内企業 最終段階の治験がネックに" 今更、特例承認もへったくれもない。やるべきことは直ちにやるべき。ただ制度に関し「本年中に方向性」は遅過ぎ。さっさと結論を出すべき!! | ホーム | "高齢者施設でコロナ迅速検査実施へ 神奈川県" こんなやり方では全く駄目。発熱がある頃にはすでに他人にうつしまくっているから。少なくとも職員については発熱があろうとなかろうと定期的に検査を行うべきもの!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4612-43ef2941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)