FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"「パンデミックで五輪、普通でない」 尾身氏、IOCに提言検討" これは言っていることがおかしい。五輪の開催はコロナの前から決まっていることでありそのことを所与の条件として対処することが尾身茂会長の職責だから。また発展途上国に対する感染懸念は大きなお世話!!

 6月3日の毎日新聞は,”「パンデミックで五輪、普通でない」 尾身氏、IOCに提言検討
 政府の「新型コロナウイルス感染症対策分科会」の尾身茂会長は3日の参院厚生労働委員会で、東京オリンピック・パラリンピックの開催について「パンデミック(世界的大流行)で(五輪を)やることが普通でない」と指摘したうえで、主催者の国際オリンピック委員会(IOC)と政府に対して「それでやるなら強い覚悟でやってもらう必要がある」と述べ、大会規模の縮小などを改めて求めた。
 また尾身氏は「開催を決定した場合、感染リスクや医療逼迫の影響を評価するのは、我々プロフェッショナルとしての責任だ」と強調。「政府に言っても、IOCに届かないと意味がない」と述べ、IOCに提言を伝える方法を検討していることも明かした。
 さらに「(ウイルスが)医療制度や検査体制が非常に脆弱な発展途上国にわたる可能性がある」と説明。選手ら大会関係者が日本で感染し、大会後に母国で感染が広がる恐れがあることを懸念した。分科会の専門家らは、五輪による感染拡大リスクに関する提言を出す方向で準備している。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「パンデミック(世界的大流行)で(五輪を)やることが普通でない」とあるが、これは言っていることがおかしい。
 というのは「東京オリンピック・パラリンピックの開催」は「パンデミック(世界的大流行)」の前から決まっていることであり、感染対策を考えるに当たってはそのことを所与の条件として対処することが「尾身茂会長」の職責だからである。
 もし同氏がそれを出来ないと言うのであれば、自らの能力不足を理由に潔く職を辞すべきである。

 それからもう一つ意味が分からないのは「選手ら大会関係者が日本で感染し、大会後に母国で感染が広がる恐れがあることを懸念した。」という発言である。
 というのは同氏の「五輪による感染拡大リスク」主張は当然、日本国民に対するものだと思っていたからである。
 もしそれが「発展途上国」に対するものであれば、それは大きなお世話であるし、「発展途上国」に対する侮辱でもある。

 またそもそも「選手ら大会関係者が日本で感染し」とあるのは一体誰からということなのだろうか。
 もしそれが日本国民からというのであれば、そんなことにならないようにするのがまさに「尾身茂会長」の職責であるし、「選手ら大会関係者」同士でということであれば、それは逆に「尾身茂会長」の職責外であり、無用の心配というものである。

 とにかく今回の「尾身茂会長」の発言はどう考えても不用意であり、撤回が妥当だと言わざるを得ない。
  1. 2021/06/05(土) 00:01:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"尾身氏への不満強める 政府・自民―五輪発言、逆風懸念" こんな反応はおかしい。他人事のような口振りでも言わないよりはましだから。自民党政権の不満は天に向かって唾を吐くようなものでしかない。尾身茂会長を批判するよりも自らの無能力さを恥じるべき!! | ホーム | "「性善説」で大丈夫か 五輪のプレーブックを読み込むと" ゴマカシは当然の懸念。呼気検査や空気検査など新技術をどしどし導入して感染検査の徹底を図るべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4615-d3cf92f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)