FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"抗原検査キットを配布、厚労省 医療機関や高齢者施設に" 今回特筆すべきは「大学や専門学校などの教育関連施設」の方。コロナの死者を抑えるためには若者の感染を早期に把握することの方がより効果的だから!!

 6月11日の日経新聞は,”抗原検査キットを配布、厚労省 医療機関や高齢者施設に
 厚生労働省は11日までに、医療機関や高齢者施設に新型コロナウイルス感染症の抗原検査の簡易キットを配布するとの通知を都道府県などに出した。医療機関や高齢者施設の従事者に、せきや喉の痛みといった軽い症状が現れた場合、すぐに陽性者を発見することで感染拡大を防ぐのが狙い。通知は9日付。
 また、大学や専門学校などの教育関連施設については、所管する文部科学省が別途通知を出して対応するとしている。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「医療機関や高齢者施設に新型コロナウイルス感染症の抗原検査の簡易キットを配布する」ことについては、「神奈川県」の同種の措置について6月1日のエントリーで、「すでにコロナ禍が始まってから1年半も経つのにまだこんなトロいことをやっているのは全く理解できないことである。」と書いたところである。
 ただ今回特筆すべきは「また、大学や専門学校などの教育関連施設については、所管する文部科学省が別途通知を出して対応するとしている。」の方である。
 コロナの死者を抑えるためには重症化しやすい高齢者を直接保護することもさることながら、無症状のままコロナを蔓延させている若者の感染を早期に把握することの方がより効果的と考えられるからである。
 その点で次のようなケースは明らかに管理者の不手際である。

 6月12日のNHK NEWSWEBは,”流通経済大学ラグビー部で部員など76人が感染確認
 茨城県の流通経済大学で、11日までに、ラグビー部の部員やスタッフ合わせて76人が、新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「茨城県の流通経済大学で、11日までに、ラグビー部の部員やスタッフ合わせて76人が、新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。」とあるが、「76人」も感染するまで全く気付かないとはコロナ対策が全くないのと同じである。
 いくらマスクや手洗いを励行しようと感染するときは感染するのだから、感染元を早期に発見する措置が肝要であり、それが「抗原検査の簡易キット」である。

 「大学や専門学校などの教育関連施設」では定期的かつ強制的に「抗原検査の簡易キット」を使用させることが絶対に必要である。
  1. 2021/06/12(土) 06:40:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"五輪開催で感染者が急増、東京1日1000人に…政府が試算 パラリンピック開幕を直撃" こんな内容のものを臆面もなく公表する大会組織委員会の感覚が分からない。これでは結論は五輪の中止しかあり得ないから!! | ホーム | "待機拒否に「停留」十数件 水際対策で強制措置発動" やっていることがヌル過ぎる。「待機」も「停留」も法律上の要件は同じなのだから、「待機」などという中途半端なことをせず最初から2週間の「停留」、つまり「隔離」にしておけば済むこと。普通の国はそうしている!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/4622-498a1099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)